【重要】気功教室や個別治療に初めていらっしゃる方へ(一読を)

「腰痛」や「膝痛」は、原因を取り除けば一回の気功治療で完治しますが、癌は自分自身で導引養生功をして治すものです。

私は癌患者の個人治療は、基本的におことわりしています。
治す気のある人には気功教室に来るようにお伝えするのは上記の理由からです。

気功教室に一日や二日来て効果がないという人は、癌と腰痛を混同して勘違いしています。

かくいう私自身も癌にかかりましたが、二度助かっています。

10年以上前のことですが、自分自身の舌の味蕾が、一個膨らんだ時楊枝の先で突いて痛みがないので舌癌だと確信しました。みるみるうち大きくなり紫色の塊ができたのです。
駒込病院の口腔外科の先生は見てすぐに舌癌と診断しました。
「気功して死んだら、それまで」と覚悟を決めて、気功と瀉血に尽力をしました。一ヶ月半経ち、外科手術して切りとりましたが癌細胞は見つかりませんでした。

病気を治す時に一番大切な事は、病気にしたのは自分自身で、誰の責任でもないことを自覚することです。

痛みのある時は、まだ治る可能性があります。痛みをとろうと努力すると癌を予防できるからです。

乳癌を二人個人治療しましたが、固いシコリを全力で指圧しても痛いと言いませんでした。
癌は、痛みの神経を殺してから増殖すると自分自身の経験でわかっています。

したがって「痛みのあるうちは、癌ではない」と、自分自身で打ち消して、人のせいにせず、努力をするべきです。
 

(片野貴夫)

〒270-0034
千葉県松戸市新松戸3-42

お問い合わせはこちらから